PyCharmの日本語化

PyCharmを日本語化する手順を紹介します。

条件

  • OS:Windows
  • PyCharmがインストール済み

セットアッププログラムのダウンロード

以下のサイトから日本語化セットアッププログラムをダウンロードします。

http://mergedoc.osdn.jp/#pleiades.html#PLUGIN

今回はWindowsでの日本語化なのでWindows用プラグインをダウンロードします。
zipファイル(pleiades-win.zip)をダウンロード後、解凍します。

セットアップ実行

解凍したフォルダ内にあるsetup.exeのショートカットをダブルクリックします。

日本語化プラグインのセットアップ画面が表示されます。

選択ボタンを押して、PyCharmのexeファイルを選択します。

  • 64bit版の場合は以下のexeを選択します。
    C:\Program Files\JetBrains\PyCharm 2018.2.4\bin\pycharm64.exe
  • 32bit版の場合は以下のexeを選択します。
    C:\Program Files\JetBrains\PyCharm 2018.2.4\bin\pycharm.exe

日本語化するボタンを押します。

確認ダイアログが表示されるのでOKボタンを押します。
終了ボタンを押してセットアップを閉じます。
これでPyCharmの日本語化は完了です。

日本語化前後の比較

日本語化前後で、PyCharmの初期起動画面を比較すると以下の通りとなります。
英語表記が日本語表記に変わっていることがわかります。

日本語化前

日本語化後

PyCharm日本語マニュアル

PyCharmの日本語マニュアルは以下のサイトです。

https://pleiades.io/help/pycharm/meet-pycharm.html

PyCharmの日本語化” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

PyCharmでHello World