PyCharmでGitを使用する方法

PyCharmでGitを使用する方法をご紹介します。

条件

ローカルPCにGitがインストール済み。

設定確認

ファイル > 設定 を選択します。

右上のテストボタンを押します。

Gitが使用できる状態であれば「Gitが正常に実行されました」というダイアログが表示されます。

Gitリポジトリー作成

メニューの VCS > バージョン管理へインポート > Gitリポジトリ-の作成 を選択します。

Gitリポジトリ-の作成ダイアログが表示されるので、Gitリポジトリー作成対象のディレクトリを選択します。
OKボタンを押して一旦閉じます。

メニューの VCS > コミット を選択します。

変更のコミットダイアログが表示されるので、以下の対応を行いコミットボタンを押します。

  • バージョン管理外のファイルにチェック
  • コミットメッセージを入力
  • 作成者は空欄のまま

VCSにファイル追加が行われます。

コミットが完了すると下部に以下のような表示が出ます。

コミット状態の確認

プロジェクトを右クリックして、Git > ヒストリーの表示を選択します。

先ほどのコミットログが表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です