TortoiseGitをWindowsにインストールする方法

TortoiseGitをWindowsにインストールおよび日本語化する方法をご紹介します。

条件

Windows版のGitがインストール済みであること。

Windows版Gitのインストール手順はこちらをご確認ください。

インストーラのダウンロード

以下のサイトからWindows用のTortoise Gitインストーラをダウンロードします。

https://tortoisegit.org/download/

32bit版と64bit版があるので自分の環境に合わせたものを選択します。
Langage Pack(Japanese)もダウンロードします。

インストーラの起動

ダウンロードしたインストーラをダブルクリックして起動します。

Nextボタンを押します。

Nextボタンを押します。

SSHクライアントを選択できます。
ここではTortoiseGitPlinkを指定してNextボタンを押します。
(後で変更可能です)

インストールする場所を指定出来ます。
必要に応じて変更し、Nextボタンを押します。

Installボタンを押します。

インストールが行われます。

「Run first start wizard」がチェックされた状態でFinishボタンを押します。

First Start Wizardが起動します。
ここでLanguageを選択できますが、デフォルトではEnglishのみしか選択肢がありません。
そこで、このまま一旦保留し、ダウンロードしてあった日本語パックのインストーラをダブルクリックして起動します。

次へボタンを押します。

完了ボタンを押します。
これで日本語パックのインストールは完了です。

ここで再びFirst Start Wizardに戻ります。

Refreshボタンを押すと、日本語(日本)という選択肢が現れます。
日本語(日本)を選択して次へボタンを押します。

次へボタンを押します。

git.exeの設定を行います。(注意:Gitがインストールされている必要があります。)
今すぐチェックボタンを押して、右側にgit versionが表示されればOKです。

名前とメールを入力し、次へボタンを押します。

完了ボタンを押してインストーラを閉じます。

ウインドウの任意の場所を右クリックしてメニューを表示した際、TortoiseGitが表示されればインストールは成功です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です