PyCharmでER図を表示させる方法

PyCharmでER図を表示させる方法をご紹介します。

条件

  • Windows 10
  • PyCharm Professional
  • モデルを作成済み
  • MariaDB

データベース接続

PyCharmで任意のプロジェクトを開きます。
右端の「データベース」をクリックします。

データベースの画面が展開されます。

+ボタン > データソース > MariaDB を選択します。

データ・ソースおよびドライバー画面が開きます。
下のほうに「欠落したドライバー・ファイルをダウンロード」と表示されているのでダウンロードリンクをクリックします。
⇒ドライバーがダウンロードされ接続できるようになります。

データベース、ユーザー、パスワードを入力して接続のテストボタンを押します。
⇒接続に成功すると、ボタンの横に「成功」と表示されます。
OKボタンを押して画面を閉じます。

データベースに設定したデータソースが表示されるようになります。

データソースの左側をクリックして展開するとテーブル一覧が表示されます。

テーブルをダブルクリックすると新たに画面が開き、テーブルのレコード一覧が表示されます。

SQLの実行

コンソールボタンを押してSQLコンソールを開きます。

SQLコンソールで任意のSQLを記述し、緑色△の実行ボタンを押すと結果が下に表示されます。

ER図の作成

全体のER図作成

データベースを右クリックで選択し、ダイアグラム > 可視化して表示 または可視化してポップアップ表示を選択します。

以下はポップアップ表示した場合の結果です。
右クリックメニューで拡大するなどして見やすいよう表示を変更できます。

部分的なER図作成

任意のテーブルを右クリックで選択し、ダイアグラム > 可視化して表示 または可視化してポップアップ表示を選択します。

以下は可視化して表示した場合の結果です。
タブメニューで拡大するなどして見やすいよう表示を変更できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。