WordPress 5.0に更新後に従来のエディタに戻す方法

WordPress 5.0に更新後に従来のエディタに戻す方法をご紹介します。

エディタが大幅に変更

WordPress 5.0からエディタが大幅に変更されました。

その名も「ブロックエディター」。
ブロック単位で記事を記述していく形式となっています。

しかし残念ながらとても使いづらいです。
従来のエディタに慣れている人は、記事を書く時間が跳ね上がること間違いなしです。

従来のエディタに戻す

プラグインをインストールすることで従来のエディタを使用することが出来るようになります。

プラグインの新規追加でキーワードに「Classic Editor」を入力します。
「Classic Editor」が候補に出てくるのでインストール&有効化します。
これで従来のエディタを使用することが出来るようになります。

デフォルトエディタ設定

やっぱり「ブロックエディター」を使用したいという人は、設定変更で使用することが出来るようになります。

設定 > 投稿設定でデフォルトエディターを「Classic Editor」または「ブロックエディター」に設定することが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です