ConoHa VPSでDBサーバーをUbuntu 18.04にプライベートネットワーク接続設定する方法

ConoHa VPSでDBサーバーをUbuntu 18.04にプライベートネットワーク接続設定する方法をご紹介します。

条件

  • ConoHa VPS
  • Ubuntu 18.04

前提

  • VPSとDBサーバーを作成済み。
  • DBサーバーに対して、データベースおよびユーザー作成済み。
  • DBサーバー接続用ネットワークを作成済み。

詳細の手順はConoHa公式を参照。

https://www.conoha.jp/guide/dbnetwork.php

ルーティング設定

DBサーバー作成やDBサーバー接続用ネットワーク作成は特に迷うことなく出来ると思います。
問題はルーティング設定です。

ConoHa公式では「CentOS 6.6」のみ設定例が載せられています。
しかしルーティング設定はOS毎に異なるため、そのOSに応じた設定が必要になります。

ここでは「Ubuntu 18.04」の例を示します。
ネットワークインターフェース(eth1)の設定を行います。

ネットワーク設定

Ubuntu 18.04では、/etc/netplan/の下に*.yamlファイルを作成することでネットワーク設定を行います。
VPSにログインして対象のディレクトリに移動し、network.yamlファイルを作成します。

~$ cd /etc/netplan/
/etc/netplan$ sudo vi network.yaml

ConoHa公式に記載されている以下の説明を参考にします。

  • ネットワーク用の静的ルーティングを設定します。
    ルーティングはリージョンやセグメント毎に異なっており、以下のネットワークアドレスを設定します。

東京リージョン:
(IPアドレスが172.21.***.***の場合)172.21.74.0/23
(IPアドレスが172.29.***.***の場合)172.29.92.0/23
アメリカリージョン: 172.21.92.0/23
シンガポールリージョン: 172.21.110.0/23

  • route-eth1の内容は以下のようになります。
    • [リージョンのネットワークアドレス] via [eth1のゲートウェイのIPアドレス] dev eth1
  • たとえば東京リージョンの場合で、ゲートウェイのIPアドレスが172.21.138.1の場合は、以下のようになります。
    • 172.21.74.0/23 via 172.21.138.1 dev eth1

今回は、network.yamlというファイルを以下のように作成しました。

network:
    version: 2
    renderer: networkd
    ethernets:
        eth1:
            addresses: [172.29.97.134/23]
            dhcp4: no
            dhcp6: no
            routes:
            - to: 172.29.92.0/23
              via: 172.29.96.1

今回はゲートウェイのIPアドレスが「172.29.96.1」であったため、routesは上記のような値でセットしました。
addressesには、DBサーバー接続用ネットワークの接続状況が「接続する」になっているVPSのIPアドレスに「/23」を付けてセットします。

以下のコマンドでネットワーク設定の反映を行います。

/etc/netplan$ sudo netplan apply

接続確認

PINGで接続確認

DBサーバーにpingをして接続確認します。
以下のような応答があればOKです。

$ ping -c 3 private.***.tyo2.database-hosting.conoha.io
PING private.unit01.database-hosting.tyo2.conoha.io (172.29.92.12) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 172.29.92.12 (172.29.92.12): icmp_seq=1 ttl=63 time=6.83 ms
64 bytes from 172.29.92.12 (172.29.92.12): icmp_seq=2 ttl=63 time=0.376 ms
64 bytes from 172.29.92.12 (172.29.92.12): icmp_seq=3 ttl=63 time=0.364 ms

mysqlコマンドで接続確認

DBサーバーにmysqlコマンドで接続確認します。

/etc/netplan$ mysql -u ***_user -h private.***.tyo2.database-hosting.conoha.io -p ***_db

Command 'mysql' not found, but can be installed with:

sudo apt install mysql-client-core-5.7
sudo apt install mariadb-client-core-10.1

⇒mysqlコマンドが無いと言われたので、とりあえず2つともインストールします。

インストール後、再度接続確認します。

/etc/netplan$ mysql -u ***_user -h private.***.tyo2.database-hosting.conoha.io -p ***_db
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 130857757
Server version: 10.0.33-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [***_db]>

DBに接続することが出来ました。
以上でプライベートネットワーク接続は完了です。

参考

ConoHa公式:DBサーバー接続用ネットワークを使う

https://www.conoha.jp/guide/dbnetwork.php

Qiita:Ubuntu18.04で複数ネットワーク+Static Routeの設定

https://qiita.com/devzooiiooz/items/4e2e1c5264d8960eb412

Ubuntu公式

https://help.ubuntu.com/lts/serverguide/network-configuration.html.en


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です