IPカメラでYouTube Liveを行う方法

IPカメラでYouTube Liveを行う方法をご紹介します。

条件

前提

  • YouTubeのアカウント登録。
  • IPカメラをマニュアル通りに初期設定済み。

YouTubeライブストリーミングの設定

YouTubeにログイン状態で、右上のアカウントマークを選択します。

メニューの設定を選択後、右上のアカウントマークを再度選択しクリエーターツールを選択します。

左メニュー下の「従来のクリエーターツール」を選択します。

ライブストリーミング > 今すぐ配信 を選択します。

基本情報で、適当な値を入力および選択します。
エンコーダの設定で「サーバーURL」と「ストリーム名/キー」をメモしておきます。
(IPカメラ側の設定で使用します。)

一旦、YouTube側の設定は終わりです。

IPカメラでの設定

IPカメラの電源を入れ、ネットワークに接続します。

IEでIPカメラのIPアドレスにアクセスし、Qwatchの画面を開きます。
右上の設定を選択します。

基本設定 > YouTubeライブ設定 を選択します。

YouTubeの設定の際にメモしておいた、「サーバーURL」と「ストリーム名/キー」を入力します。
ライブストリーミング有効をONにします。
設定ボタンを押します。

以上でIPカメラの設定は完了です。

YouTubeライブストリーミングの設定確認

YouTubeライブストリーミングの設定画面を開きます。
必要に応じてブラウザを更新します。

動画の画面にIPカメラ映像が表示されます。
基本情報のプライバシーで選択することで公開範囲を決めることが出来ます。

  • 公開:YouTubeの検索結果に出力される。
  • 限定公開:YouTubeの検索結果に出力されない。URLを知っている人しか閲覧できない。
  • 非公開:動画を保有するアカウントのみ閲覧可能。

以上でYouTubeライブストリーミング実施状態になります。

埋め込み設定

YouTubeライブストリーミングを自分のWebサイトに埋め込み表示したいケースもあるかと思います。

実は、YouTubeライブストリーミングの埋め込み表示は結構面倒です。
以下の対応が必要になります。

  1. Google Adsenseのアカウント紐づけ
  2. 詳細設定の配信オプションで埋め込みを許可

Google Adsenseのアカウント紐づけ

YouTubeヘルプに以下のような記述があります。

ライブ配信をウェブサイトに埋め込みたい場合は、YouTube アカウントにリンクされた承認済みの AdSense アカウントが必要です。
https://support.google.com/youtube/answer/2474026?hl=ja

すなわち、ライブ配信の埋め込みを許可するためにはAdsenseのアカウントが必要になります。

以下の画面でAdsenseの関連付けを行います。
https://www.youtube.com/account_monetization

「関連付けが有効になるまで最大で48時間かかることがあります。」との表記がありますが、10日~2週間程度かかることもあるようです。
https://productforums.google.com/forum/#!topic/youtube-ja/mOzb4TCx0BU

以下は、未だ有効になっていない状態です。
ライブストリーミングの埋め込みが「利用可」になっていますが、この状態では埋め込み設定を行うことはできません。

その後、埋め込みが出来るようになると以下のような表示に変わります。(1週間程度かかりました)

詳細設定の配信オプションで埋め込みを許可します。

以上で、YouTubeライブストリーミングを自分のWebサイト等に埋め込み表示できるようになりました。

YouTubeライブストリーミングのURLを固定値に設定

YouTubeライブストリーミングでは、一度オフラインになるとアーカイブされてURLが変更されてしまいます。

ネットワーク障害などによって思いがけずオフラインになった場合、埋め込み表示しているURLを変更する必要があります。
ただし、以下の条件に限りURLを固定にすることが出来ます。

  • 公開範囲が「公開」になっている。(YouTubeの検索結果に出力されます。)

ライブストリーミングの固定URL

以下のURLで自分のチャンネルのライブストリーミングを表示することが出来ます。

  • https://www.youtube.com/embed/live_stream?channel={Channel ID}

YouTubeのチャンネルIDは以下の画面で確認します。
https://www.youtube.com/account_advanced

以上で固定値でライブストリーミングのURLを指定することが出来ます。
公開範囲が「限定公開」ではエラーになってしまいます。残念ですね。

参考

本記事で使用したIPカメラ

IPカメラでYouTube Liveを行う方法” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です