PostgreSQLをWindowsにインストールする方法

PostgreSQLをWindowsにインストールする方法をご紹介します。

条件

  • Windows10 64bit

インストーラのダウンロード

以下のサイトからWindows用のインストーラをダウンロードします。

https://www.enterprisedb.com/downloads/postgres-postgresql-downloads

ここでは、Windows10 64bitにインストールするため以下のDownloadリンクを選択します。

  • PostgreSQL Version 11.2、Windows x86-64

以下のような名前のインストーラがダウンロードされます。

  • postgresql-11.2-1-windows-x64.exe

インストール実行

ダウンロードしたインストーラをダブルクリックして実行します。

Nextボタンを押します。

インストール先ディレクトリを指定します。
⇒ 後でパスを設定する際に使用するため、インストール先をメモしておきます。

特に変更せず、Nextボタンを押します。

インストールするコンポーネントを選択します。
とりあえず、デフォルトのままNextボタンを押します。

データ保存先ディレクトリを指定します。
特に変更せず、Nextボタンを押します。

superuserのパスワードを指定します。
PasswordおよびRetype passwordに任意のパスワードを入力して、Nextボタンを押します。

ポート番号を指定します。
特に変更せず、Nextボタンを押します。

ロケールを指定します。
特に変更せず、Nextボタンを押します。

インストール内容のサマリーが表示されます。
Nextボタンを押します。

Nextボタンを押します。

インストールが実行されます。

Finishボタンを押してインストーラを閉じます。
Stack Builderのチェックをした状態だと、スタックビルダーが起動します。
(とりあえずチェックをはずしておいて大丈夫です)

パスの設定

PostgreSQLをインストールしたディレクトリにパスを通します。

今回は、以下のディレクトリにインストールしました。

C:\Program Files\PostgreSQL\11

PostgreSQLのプログラム本体は、当該ディレクトリのbinの下にあるため、以下のディレクトリにパスを通します。

C:\Program Files\PostgreSQL\11\bin

コントロールパネル > システムとセキュリティ > システム > 設定の変更 を選択します。

システムのプロパティ画面が開くので、詳細設定タブの環境変数を選択します。

ユーザ環境変数のPathを選択して、編集ボタンを押します。

環境変数名の編集画面が開くので、新規ボタンを押して以下のパスを入力しOKボタンを押します。
(パスは自分の環境に合わせて適宜変更してください。)

C:\Program Files\PostgreSQL\11\bin

環境変数画面、システムのプロパティ画面でもOKボタンを押して画面を閉じます。

PostgreSQLの動作確認

パスが通っていることの確認

コマンドプロンプトを開きます。

任意のディレクトリで、以下のコマンドを実行してバージョン情報が表示されれば準備完了です。

psql -V

ログイン等

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行してログインします。

psql -U postgres

パスワードはインストール時に指定したパスワードを入力します。

以下のコマンドを実行してデータベース一覧を表示します。

\l

以下のコマンドを実行してログアウトします。

\q

参考

PostgreSQL公式:PostgreSQL Database Download

https://www.enterprisedb.com/downloads/postgres-postgresql-downloads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です