aws(Amazon EC2)でインスタンスを作成してSSH接続を行う方法

aws(Amazon EC2)でインスタンスを作成してSSH接続を行う方法をご紹介します。

条件

  • Amazon EC2
  • 作成インスタンス:ubuntu
  • Tera Term

無料サインアップ

以下のサイトにアクセスして、無料サインアップを選択します。

https://aws.amazon.com/jp/?nc2=h_lg

必要事項を記入して、続行ボタンを選択します。

連絡先情報画面で、必要情報を記入して、アカウントを作成して続行ボタンを選択します。

支払情報画面で、必要情報を記入して、セキュアな送信ボタンを選択します。

本人確認画面で、必要情報を記入して、SMSを送信するボタンを選択します。

認証コードの入力画面で、受け取ったコードを入力して、コードの検証ボタンを選択します。

続行ボタンを選択します。

サポートプランの選択画面で、無料ボタンを選択します。

コンソールにサインインボタンを選択します。

AWSマネジメントコンソール画面で、右上のリストでリージョン「アジアパシフィック(東京)」を選択します。

何かしらの操作を行うと、アカウント確認画面が表示され、確認を実行すると以下のようなメールが届きます。

以上で準備完了です。

Amazon EC2のインスタンス作成

AWSマネジメントコンソール画面で、検索バーに「EC2」と入力して検索結果の「EC2」を選択します。

EC2ダッシュボード画面で、インスタンスの作成 > インスタンスの作成を選択します。

Amazon マシンイメージ (AMI)画面で、作成したいインスタンスを選択します。
無料で利用できるのものには「無料利用枠の対象」という表記があります。

今回は、Ubuntu Server 18.04 LTS (HVM), SSD Volume Typeを選択しました。

インスタンスタイプの選択画面で、無料枠利用の対象である「t2.micro」を選択して、確認と作成ボタンを押します。

インスタンス作成の確認画面を見ると、「セキュリティグループ launch-wizard-1 は世界に向けて開かれています。」と表示されます。
セキュリティグループの編集を行った方がよさそうです。
「セキュリティグループの編集」リンクを選択します。

セキュリティグループの設定画面で、タイプを「SSH」、ソースを「マイIP」を選択して、自分のPCからのみSSH接続できるようにします。(自分に合った適切なルールを設定してください)

確認と作成ボタンを押します。

インスタンスタイプの選択画面で、起動ボタンを押します。

「既存のキーペアを選択するか、新しいキーペアを作成します。」というダイアログが表示されます。

キーペアが存在しないので、作成します。
「新しいキーペアの作成」を選択し、キーペア名に任意の名前を入力して、キーペアのダウンロードボタンを押します。

キーペア名.pemというファイルがダウンロードされます。(SSH接続時に使用します)

インスタンスの作成ボタンが活性化されるので、インスタンスの作成ボタンを押します。

作成ステータス画面が表示されます。

インスタンスの表示ボタンを押します。

インスタンスの一覧画面で、対象インスタンスの状態が「running」となっていれば起動しています。

インスタンスへのSSH接続

作成したインスタンスにTeraTermで接続してみます。

接続方法確認

まずは接続方法の確認を行います。
インスタンスの作成の横にある「接続」ボタンを押します。

インスタンスへの接続画面が開きます。

内容から以下のことが分かります。

  • 接続先ホストは、「パブリックDNS」の値。
  • SSHキーとして、作成&ダウンロードしたpemファイルを使用する。
  • ユーザー名は、「ubuntu」。(別OSの場合、ユーザー名が異なると思われます)

Tera Termで接続

Tera Termを起動し、ホストに対象インスタンスの「パブリックDNS」の値を入力します。
SSHを選択、TCPポートは22の状態でOKボタンを押します。

セキュリティ警告画面が開くので、続行ボタンを選択します。

SSH認証画面で以下の通りとします。

  • ユーザ名:ubuntu
  • RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う
  • 秘密鍵は、作成&ダウンロードしたpemファイルを選択

秘密鍵の選択画面で、「すべてのファイル(*.*)」を選択しないとpemファイルが表示されないので注意が必要です。

OKボタンを押します。

対象インスタンスに接続されます。

rootパスワード設定

デフォルトで作成されたユーザーには、sudo権限が設定されています。
以下のコマンドでrootになることが出来ます。

$ sudo su -

rootになった後、以下のコマンドでrootのパスワードを設定します。

# passwd

次回から、rootになる際にパスワードを聞かれるようになります。

参考

aws

https://aws.amazon.com/jp/?nc2=h_lg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です