ConoHa オブジェクトストレージを使う方法

ConoHa オブジェクトストレージを使う方法をご紹介します。

条件

  • サーバー:Ubuntu 18.04
  • クライアント:Windows 10 64 bit
  • Cyberduck

ConoHa オブジェクトストレージとは?

オブジェクトストレージの特徴

  • データを個別のオブジェクトとして保存します。
  • フォルダ階層のない単一のフラットな構造で保存されます。
  • データ(保存する画像、動画など)は固有のID(URI)を持ちます。
  • データへのアクセスはRESTful API(HTTPによる通信)で行うことが出来ます。

ConoHa オブジェクトストレージの利点

  • データ転送量が無料です。
  • 上限なしで容量を増やすことが出来ます。
  • 料金が安いです。(100GBあたり月額450円)

オブジェクトストレージ設定

Conohaにログインして、左メニューの「オブジェクトストレージ」を選択します。

右側にある、設定のアイコンをクリックします。
ディスク容量を指定する画面が表示されるので、容量を選択して「はい」を押します。
選択肢は、100GB/200GB/300GB/1000GB/2000GB です。

オブジェクトストレージを追加すると、画面でリソース(ディスク容量、リクエスト数)を確認できるようになります。

Cyberduckを使用してオブジェクトストレージを操作

クライアントソフトウェアのCyberduckを使用することで、コマンド操作をせずにオブジェクトストレージのファイルの管理が簡単にできます。(出典:オブジェクトストレージを使う(Cyberduck編))

事前準備

APIユーザー追加

ConoHaのコントロールパネルにて、左メニューのAPIを選択します。
APIユーザーが存在しないので、右下の「+ユーザー」をクリックします。

パスワードを入力して、保存ボタンを押します。

APIユーザーが作成されます。

Cyberduckのインストール

以下のサイトからインストーラをダウンロードしてインストールを実行します。

https://cyberduck.io/download/

Cyberduckによる接続

Cyberduckを起動して、メニューのブックマーク > 新規ブックマークを選択します。

API情報を参照しながら、以下のように入力します。

  • リスト選択:Swift (OpenStack Object Storage)
  • ニックネーム:任意の文字列
  • サーバー:エンドポイントのIdentity Service
  • Tenant ID:Access Key:テナント情報のテナント名:APIのユーザー名

入力後、右上の×ボタンを押して画面を閉じます。

新規ブックマークの入力画面を閉じると、以下のように表示されます。

ブックマークをダブルクリックすると、ログイン画面が表示されます。
Secret Keyに、APIユーザーのパスワードを入力して、Loginボタンを押します。

ログインに成功すると、コンテナが表示されます。
一番初めは何もない状態です。

コンテナの作成

アクション > 新規フォルダを選択します。

新規フォルダ名を入力して、作成ボタンを押します。

作成したフォルダが表示されるようになります。

フォルダ名をダブルクリックすると、フォルダの中に移動します。

アップロード

アクション > アップロードを選択します。

ファイルを開く画面が開くので、任意のファイルを選択します。

転送画面が開き、アップロードが行われます。

ダウンロード/削除

対象ファイルを選択状態で、アクション or 右クリックメニューから、ダウンロード/削除を行うことが出来ます。

オブジェクトストレージをVPSにマウント

オブジェクトストレージをVPSにマウントすることも出来ます。

svfsのインストール

マウントを行うためのソフト「svfs」をインストールします。

  • fuseとrubyをインストールします。(svfsのインストールに必要なため)
    • ⇒不要かもしれないです。(svfsインストール時に必要なソフトもインストールされるため)
  • svfsのdebを取得します。
  • svfsをインストールします。
$ sudo apt update
$ sudo apt install fuse ruby -y
$ sudo wget https://github.com/ovh/svfs/releases/download/v0.9.1/svfs_0.9.1_amd64.deb
$ sudo apt install ./svfs_0.9.1_amd64.deb

マウント

以下のコマンドを実行します。

  • 「device_name」は任意のデバイス名を指定します。
  • 「/mnt」には実際にマウントしたいパスを指定します。
$ sudo mount -t svfs device_name /mnt -o auth_url="Identity ServiceのURL",username="ユーザー名",password="パスワード",tenant="テナント名"

今回は以下のようなコマンドを実行しました。

$ sudo mount -t svfs storage /mnt -o auth_url="https://identity.tyo2.conoha.io/v2.0",username="gncuXXXXXXX",password="XXXXXXXXX",tenant="gnctXXXXXX"

マウント確認

一番下に、Filesystem「storage」が「/mnt」という名前で、Size 8.0Eとして表示されています。
(オブジェクトストレージは容量が無制限の為、8.0Eと表示されます。)

$ sudo df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev            463M     0  463M   0% /dev
tmpfs            99M   13M   86M  13% /run
/dev/vda2        50G  6.3G   41G  14% /
tmpfs           493M     0  493M   0% /dev/shm
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           493M     0  493M   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs            99M     0   99M   0% /run/user/1000
/dev/loop1       89M   89M     0 100% /snap/core/7270
/dev/loop2       89M   89M     0 100% /snap/core/7396
storage         8.0E   20K  8.0E   1% /mnt

アンマウント

以下のコマンドを使ってアンマウントを行います。

$ sudo fusermount -u /mnt

アンマウント確認

Filesystem「storage」の「/mnt」が表示されなくなります。

$ sudo df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev            463M     0  463M   0% /dev
tmpfs            99M   13M   86M  13% /run
/dev/vda2        50G  6.3G   41G  14% /
tmpfs           493M     0  493M   0% /dev/shm
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           493M     0  493M   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs            99M     0   99M   0% /run/user/1000
/dev/loop1       89M   89M     0 100% /snap/core/7270
/dev/loop2       89M   89M     0 100% /snap/core/7396
$

マウント状態での操作

cdやlsコマンドによって、階層やオブジェクトを確認することが出来ます。(root権限で実行する必要があります。)

# cd mnt
# ls
sample1
/mnt# cd sample1/
/mnt/sample1# ls -ltr
total 20
-rwx------ 1 root root 21596 Aug 29 13:40 1.jpg
/mnt/sample1#

コンテナのディレクトリ(ここではsample1)には、ファイルを作成(保存)することが出来ます。

/mnt# cd sample1/
/mnt/sample1# touch test.txt
touch: setting times of 'test.txt': Operation not supported
/mnt/sample1# ls
1.jpg  test.txt

Cyberduckで確認すると、作成した「test.txt」が表示されることがわかります。

参考

ConoHa:オブジェクトストレージを使う(Cyberduck編)

https://support.conoha.jp/v/objectstoragecyberduck/

Cyberduck:インストーラダウンロード

https://cyberduck.io/download/

ConoHa:オブジェクトストレージを使う(VPSマウント編)

https://support.conoha.jp/v/objectstoragemount/?btn_id=v-objectstoragerestapi-sidebar_v-objectstoragemount



ConoHa オブジェクトストレージを使う方法” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です