Vue.jsでHello World!

Vue.jsでHello Worldを表示し、ブラウザでデバッグする方法をご紹介します。

条件

  • Vue.js
  • Google Chrome 78
  • Windows 10 64bit

事前準備

Vue.jsの互換性

Vue.jsは「ECMAScript 5」の機能を使用します。

すなわち、Vue.jsを使用するためには「ECMAScript 5 準拠のブラウザ」である必要があります。

詳細は以下の画像をご確認ください。

または、以下のサイトをご確認ください。
https://caniuse.com/#feat=es5

サンプルソース

Vue.jsでHello Worldを表示するために、以下2つのファイルを同じフォルダに作成します。

index.html

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

</head>

<body>
    <div id="app">
      {{ message }}
    </div>

    <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue/dist/vue.js"></script>
    <script src="main.js"></script>
</body>
</html>

main.js

var app = new Vue({
  el: '#app',
  data: {
    message: 'Hello World!'
  }
})

表示結果

作成したindex.htmlをECMAScript 5 準拠のブラウザで開きます。

Hello World!と表示されることがわかります。

ブラウザを用いたデバッグ

ブラウザを用いてvue.jsのデバッグを行えるようにします。

Vue.js devtoolsをブラウザにインストールします。

インストール

以下のサイトの「Installation」で自分のブラウザに合ったリンクを選択します。

https://github.com/vuejs/vue-devtools#vue-devtools

ここではGoogle Chromeにインストールするので、「Get the Chrome Extension」を選択します。

chromeウェブストアが開くので、Chromeに追加ボタンを選択します。

確認ダイアログが表示されるので、「拡張機能を追加」を選択します。

以下のような表示が出れば、インストール完了です。

ブラウザの右上にVueのアイコンが表示されるようになります。

設定

ブラウザの右上にVueのアイコンを右クリック > 拡張機能を管理 を選択します。

拡張機能の設定画面が開くので、「ファイルのURLへのアクセスを許可する」をONにします。

事前準備で作成したindex.htmlを開くorリロードすると、Vueアイコンが活性化された状態になります。

これで、デバッグの準備は整いました。

デバッグ

index.htmlをブラウザで開いた状態で右クリック > 検証 を選択します。

デバッグ用画面が開くので、右上の>>からVueを選択します。

Vueのデバッグ画面が開きます。

Filter componentsの<Root>を選択すると、下にdataが表示されます。

これは、事前準備で作成したmain.jsのdataの値です。

ペンのアイコンを選択します。

messageの値を編集できるようになるので、Hello Vue!に変更します。

Enterを押すと反映されて、Hello Vue!と表示されるようになります。

コンソールからの値変更

コンソールにて、変数に値を指定することで、表示を更新することも出来ます。

例えば、コンソールに以下を入力してEnterを押します。

app.message = 'Hello Japan!'

すると、「Hello Japan!」に表示が変更されます。

以上のように、ブラウザ上で手軽にvueの調査およびデバッグが行えます。

参考

Vue.js公式:インストール

https://jp.vuejs.org/v2/guide/installation.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です