AndroidでUSBデバッグを有効にする方法

AndroidでUSBデバッグを有効にする方法をご紹介します。

条件

  • Android 9 Pie
  • AQUOS sense3

AndroidのUSBデバッグ

Android端末とPCを接続して、ファイルの転送等を行うためにはAndroid側でUSBデバッグを有効にする必要があります。

Androidの設定変更

以下の設定を行います。

  1. 開発者向けオプションの表示
  2. USBデバッグのON

開発者向けオプションの表示

Android端末の画面で上から下へスワイプを行い、設定画面を表示させます。

再度、上から下へスワイプを行い、設定画面の詳細を表示させます。

右下の歯車マークを選択して、設定項目の一覧を表示させます。
設定項目一覧において、「システム」を選択します。

システムの画面で、「端末情報」を選択します。

端末情報の画面で、「ビルド番号」を複数回(5回くらい?)タップします。
すると、開発者向けオプションが有効になります。

システム画面に戻って、詳細設定を選択します。

「開発者向けオプション」が表示されるようになっています。

USBデバッグのON

「開発者向けオプション」を選択します。

「USBデバッグ」が無効になっているので、「USBデバッグ」を選択してONにします。
確認ダイアログが表示されるので、OKを選択します。

PCとUSB接続

USB接続

Android端末とPCをUSB接続します。

Android端末側で、以下のようなUSB設定画面が開きます。
「データ転送無し」という設定になっているので、「ファイル転送」を選択します。

以上で、Android端末とPC間でファイル転送が出来るようになります。

PC側のデバイスとドライブに、Android端末(ここではSH-M12)が表示されることがわかります。

USBケーブル

今回は以下のUSBケーブルを使用しました。
安くてケーブルの強度もしっかりしているので、必要十分な感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です