Visual Studio Codeでマインドマップを使用する方法

Visual Studio Codeでマインドマップを使用する方法をご紹介します。

条件

  • Windows 10

事前準備

Visual Studio Codeをインストールします。

以下のサイトから「User Installer」をダウンロードして実行します。
https://code.visualstudio.com/download

Visual Studio Codeの設定

日本語化(任意)

メニューのView > Command Plette を選択します。

入力欄に「configure display」と入力して、候補に挙がった「Configure Display Language」を選択します。

「install additional languages」を選択します。

拡張言語パックの一覧が表示されるので、「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」のinstallボタンを押します。

インストールが終わると、右下にRestart Nowというポップアップボタンが表示されるので、当該ボタンを押して
Visual Studio Codeを再起動します。

以上で日本語化は完了です。

マインドマッププラグインの追加

Visual Studio Codeの拡張機能:マーケットプレイスで、「mindmap」と入力します。
候補に挙がった「vscode-mindmap」をインストールします。

基本的な使い方

任意の場所に「.km」という拡張子のファイルを作成して開きます。
ここでは、test.kmというファイルを作成して開きました。

ノード名称の編集
  • ノードをダブルクリックすることで編集することが出来ます。
ノードの追加
  • ノードを右クリックすると、以下のような表示になります。

  • 「下級」を選択すると、1段下の階層にノードが追加されます。
  • 「同級」を選択すると、同一階層にノードが追加されます。
    ただし、最上位ノードが選択されている場合、1段下の階層にノードが追加されます。
ノードの削除
  • ノードを選択して「Delete」ボタンを押すと削除することが出来ます。
形状の変更
  • appearenceの形状マークを選択することで、形状を変更することが出来ます。

他にも、フォントやノードの色も変えることが出来るようです。

参考

Visual Studio Code ダウンロード

https://code.visualstudio.com/download

Visual Studio Codeで日本語化する方法[Windows]

https://qiita.com/nanamesincos/items/5c48ff88a4eeef0a8631

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です