Windows 10 でLinux環境を使用する方法

Windows 10 でLinux環境を使用する方法をご紹介します。

条件

  • Windows 10

Windows Subsystem for Linuxの有効化

画面右下の検索ボックスに「control」と入力します。

コントロールパネルが候補として挙がるので、コントロールパネルを開きます。

コントロールパネルで「プログラム」を選択します。

プログラムにおいて、「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します。

「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れてOKボタンを押します。

再起動を促す画面が表示されるので、「今すぐ再起動」ボタンを押します。

Linux on Windowsの設定

Microsoft Storeのアプリを起動します。

検索ボックスで「linux」と入力して検索を行います。

複数の候補が表示されます。

今回は、「Ubuntu 18.04 LTS」を入手しました。

入手ボタンを押すと、ダウンロードが開始されます。
ちなみにサイズは、259.3MBでした。

ダウンロードおよびインストールが終わると、以下ような表示になるので「起動」ボタンを押します。

コンソール画面が開き、usernameとpasswordの入力が求められます。
任意の値を入力後、「username@カレントディレクトリ」という表示になります。

ちなみに、スタートメニューにも追加されているため、次回以降はスタートメニューから起動することができます。

以上で、Window 10でもLinux環境が使用できるようになります。

参考

@IT:シェルスクリプトに挑戦しよう(2)Windows 10のbashを試す!

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1809/14/news015.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です