Spring Tool Suiteで作成したプロジェクトをGitHubに登録する方法(gradle)

Spring Tool Suiteで作成したプロジェクトをGitHubに登録する方法(gradle)をご紹介します。

条件

  • Spring Tool Suite 4
  • Spring Boot 2.5.0
  • gradle

前提

以下のようなSpringプロジェクトを作成します。
依存関係は「Spring Web」のみを選択しています。

TestControllerクラスを作成し、以下のように記述します。

TestController.java

package com.example;

import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import org.springframework.web.bind.annotation.GetMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;

@RestController
public class TestController {


    @GetMapping(path = "/test")
    public String getTest(HttpServletRequest request) {

        return "Hello World!";
    }
}

動作確認

プロジェクトを右クリック > 実行 > Spring Bootアプリケーションを選択します。

アプリケーションが実行されたのを確認し、ブラウザで以下のURLを開きます。

http://localhost:8080/test

以下のように表示されればOKです。

GitHubでリポジトリー作成

GitHubにログインして、適当なリポジトリーを作成します。

作成したリポジトリーのURLは登録時に使用するため、メモしておきます。
今回は、以下の通りです。

https://github.com/kzmrt/test1.git

Spring Tool Suiteでのコミット&プッシュ

プロジェクトのコミット

対象プロジェクトを右クリック > チーム > プロジェクトの共用 を選択します。

Gitリポジトリーの構成画面において、プロジェクトの親フォルダ―内のリポジトリーを使用または作成にチェックを入れます。
リポジトリーの作成ボタンを押します。

対象プロジェクトがチェックされていることを確認して、完了ボタンを押します。

対象プロジェクトを右クリック > チーム > コミット を選択します。

Gitステージングというタブが開きます。
プラスが二つ重なっているボタン(すべてのファイルをインデックスに追加)を押して、すべてのファイルがステージされている状態にします。

右側のコミットメッセージに適当な文言を入力し、コミットボタンを押します。

以上で、ローカルのgitへのコミットは完了です。

プロジェクトのプッシュ

対象プロジェクトを右クリック > チーム > リモート > プッシュ を選択します。

宛先Gitリポジトリー画面において、URIにメモっておいたGitHubのURLを入力します。
認証では、自分のユーザー/パスワードを入力して、次へボタンを押します。

プッシュ仕様指定画面において、以下を選択して仕様の追加ボタンを押します。

  • ソース参照:master[branch]
  • 宛先参照:自動入力

完了ボタンを押します。
以下のような表示になれば成功です。

GitHubに登録されていることがわかります。

GitHubからのクローン&実行

クローン

先ほどGitHubに登録したプロジェクトをローカルPCにクローンして、実行してみます。

Spring Tool Suiteのパッケージエクスプローラーで右クリック > インポートを選択します。

インポート画面にて、Git > Gitからプロジェクトを選択し、次へボタンを押します。

リポジトリー・ソースの選択画面にて、クローンURIを選択し、次へボタンを押します。

  • ロケーションのURIに、クローン対象のURLを入力します。
  • 必要に応じて、認証情報も入力し、次へボタンを押します。

対象ブランチが選択されていることを確認し、次へボタンを押します。

宛先ディレクトリーを必要に応じて変更し、次へボタンを押します。

「一般的なプロジェクトとしてインポート」が選択されている状態で、次へボタンを押します。

完了ボタンを押します。

実行

このままではJavaプロジェクトとして認識されないので、以下を実行します。

対象プロジェクトを右クリック > 構成 > Gradleネーチャーの追加 を選択します。

Gradleが実行され、Spring Bootアプリケーションとして認識されるようになります。

対象プロジェクトを右クリック > 実行 > Spring Bootアプリケーション を選択します。

起動後、想定通りの動作となればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です